Keywords :

続「JOY OF SAKE(2015)」人気レストラン14店の参加が決定!ハワイからセレブリティシェフも登場

以前お伝えした『海外最大級の日本酒イベント「JOY OF SAKE」(2015)東京の五反田で開催』の続報となります。

世界最大の日本酒イベントJOY OF SAKEが、今年もイベントツアーの最終地、東京(五反田TOCビル)で11月5日(木)の午後6時から開催されます。この度、このイベントのために特別メニューを提供する参加レストラン(14店舗)が決定しました。

今年のJOY OF SAKE東京では、横浜中華街の老舗「重慶飯店」、洋のエッセンスを巧みに取り入れた斬新和食の「日本橋 逢坂」をはじめとする首都圏の有名店のほか、北海道や福岡など日本全国から個性的なレストランが出店。さらに、ハワイの人気店「Koko Head Café」からセレブリティシェフのLee Ann Wongさんもゲストシェフとして参加します。

バラエティ豊かな計14店のレストランが、このイベントのために趣向を凝らした日本酒に合う特別メニューを提供。お客様は391種類の日本酒と、様々な料理のコラボレーションをお楽しみいただけます。

JOY OF SAKE 参加レストラン14店舗

ハワイからのゲストシェフを含め、和・洋・中から14店舗が出店。それぞれのジャンルで人気を博しているレストランが腕をふるうバラエティ豊かなアペタイザーを、391の銘酒とともにお楽しみいただけます。

重慶飯店

横浜中華街を拠点に、全国展開する中華料理の老舗レストラン。本場の伝統を受け継いだ味わい深い四川料理の老舗。昨年のメニューは「ホタテとピータンムースの中華風ラタトゥイェ」。過去2回出店し、中華料理と日本酒の想像を超えたハーモニーを提案して来場者をうならせた。
神奈川県横浜市中区山下町164 / TEL:045-641-8288

日本橋 逢阪

巧みに他ジャンルのエッセンスを取り入れた斬新和食を提供する割烹料理店。店主自らが築地に出向いて仕入れる魚介類や、長年付き合いのある肉問屋おすすめのA5ランク和牛など、こだわりの食材をふんだんに使用。その持ち味を活かした料理に定評がある。今年初参加。
東京都中央区日本橋小舟町6-16 4F / TEL:03-5695-8126

IL GHIOTTONE

京都に本店を構える、オーナーシェフ笹島保弘氏が創り出す京和風イタリアン。「もしイタリアに京都という州があったら」がお店のコンセプトで、京野菜をはじめとする地元食材とイタリアの調味料を合わせた料理にファンが多い。
千代田区丸の内2-7-3 東京ビルTOKAI 1F / TEL:03-5220-2006

MODERN Catalan SPANISH “BIKiNi”

スペイン料理の洗練されたピンチョスを初めて日本に紹介し、「ピンチョスブーム」を巻き起こしたジョゼップ・バラオナ・ビニェス氏が監修を勤める。カタルニア地方の伝統的な特色を活かしながら、本格モダンスペイン料理を提供する。今年初出店。
東京都港赤坂5-3-1-105-1 赤坂サカス内Bizタワー1F / TEL:03-5114-8500

越乃寒梅 Manjia(マンジャ)

越乃寒梅を手掛ける石本酒造がプロデュース。本格フレンチと日本酒の意外なマリアージュが人気の、新潟市内でも評判のフレンチ店。越乃寒梅を使用したアイスクリーム等、デザートも好評。「ホタテの寒梅蒸し・ウニのクリームソース」は恒例の大好評メニュー。
新潟県新潟市中央区東堀前通九番町 1384-3 きた山ビル 2F / TEL:025-276-2028

Restaurant Kazu

料理の鉄人・坂井宏行氏に師事し、のちニューヨークや福岡の『ラ・ロシェル』で研鑽を積んだ篠原和夫シェフの店。福岡のレストランらしく、有機野菜を中心に九州産の食材の味を最大限に引き出し、季節と素材感が感じられる現代フランス料理で楽しませる。
福岡県福岡市中央区浄水通3-40 HILLS浄水3F / TEL:092-522-0015

DANLO

諏訪市にある小さなイタリア田舎料理の店。香り豊かな信州の素材を厳選し、自然の恵をイタリアンで味わうオリジナルメニューが揃う。特に地産の特撰豚にはこだわりを持っており、季節・状態に応じて精肉店と相談し、その時にベストなものを使った豚肉料理を提供している。
長野県諏訪市大手2-16-12 / TEL:0266-53-0021

Beast Kitchen

バル感覚で気取らずに楽しめる札幌で人気の居酒屋。北海道の食材を活かした料理をバラエティ豊富な日本酒とともに味わえる。多くの酒の会を開催し、札幌出張の蔵元の憩いの場となっている。今年初出店。
北海道札幌市中央区南2条西1丁目5-7 第一広和ビル1F / TEL:011-222-7566

駒八

田町を中心に東京・八重洲・豊洲・目黒・青物横丁で展開する創業30年の大衆居酒屋。手作りにこだわり、多彩なメニューで人気。メディアにも多数出ている八百坂社長は多くの蔵元との交流があり、昔から選び抜いた地酒を提供。時には蔵元自ら酒を注いで店内を周る姿も見られる。
東京都港区芝 3-41-8 / TEL:03-3456-1271

酉玉

落ち着いた雰囲気のカウンターが魅力で、予約が難しい焼鳥店。新鮮な鶏の希少部位と内臓に特化したメニューと旬の素材にこだわった串。第1回目から出店し、毎年提供している「みさきの串焼き(卵を産む前のメス鶏)」はジョイ・オブ・サケ東京の名物となっている。日本酒ラインナップは秀逸で、その幅の広さから必ず好みの一杯に巡り合える。
東京都港区白金 6-22-19 / TEL:03-5795-2950

白金 Baru

「美味しいものを少しずつ」をコンセプトにした、現在5店舗を展開する大人の雰囲気のスペインバル。日本各地の厳選素材を使った、バラエティに富むタパス(小皿料理)を楽しめる。今年で5回目の出店。
東京都渋谷区恵比寿 3-49-1 / TEL;03-5423-3236

すずや

東急線沿線に4店舗展開する居酒屋。鮮度抜群の “魚” と、採れたての “地場野菜” を使い、全て手作りの料理と人情味にあふれる接客で地元の人気も高い。全国各地の酒蔵に足を運び、選りすぐった地酒を豊富に品揃え。今年で3回目の出店。
神奈川県川崎市高津区溝の口 2-3-7 サウスウィングビル 2F / TEL:044-857-1079

地酒遊楽 裏や

池袋にある居酒屋で、姉妹店に池袋・酒菜家、新橋・野崎酒店、神楽坂・かも蔵がある。いずれも、日本酒の幅広い品揃えを誇る。店主自ら全国の酒蔵を巡り、選んできた日本酒を置いている。毎年プレゼンテーションが素晴らしいメニューを提供し、目でも舌でも楽しませてくれる。今年で5回目の出店。
東京都豊島区南池袋 2-27-6 第 2 佐々木ビル B1F / TEL:03-5960-7141

Koko Head Cafe

全米放送の料理のリアリティショーにも出演したセレブリティシェフ、Lee Ann Wong氏がオーナーシェフのホノルルの人気店。アジアと西洋のテイストを織り交ぜたクリエイティブでオリジナリティ溢れるメニューの朝食・ブランチを提供している。2016年、東京店をオープン予定。
1145 12th Ave, Honolulu, HI 96816 / TEL:+1-808-732-8920

「JOY OF SAKE TOKYO」開催概要

主催 NPO 法人ジョイ・オブ・サケ
開催日時

2015年11月5日(木)午後6:00~午後9:00

会場 東京・五反田TOCビル 13階特別ホール(東京都品川区西五反田 7-22-17
入場料

¥8,500(当日券:¥9,500)

購入方法 ジョイ・オブ・サケ ホームページ(www.joyofsake.jp)
チケットぴあ(Pコード:630-172)、イープラス、CNプレイガイド、セブンチケット
一部参加レストラン、一部酒販店にて取り扱い
参加レストラン アルポルト/重慶飯店/IL GHIOTTONE/BIKiNi/Restaurant KAZU/Beast Kitchen/駒八/酉玉/すずや/地酒遊楽 裏や/ほか (全14店)
URL http://www.joyofsake.jp

イベントに関するお問い合わせや詳細はこちら
http://www.joyofsake.jp/tokyo.html

COMMENTS

TOP