Keywords :

2015 秋の新潟をグルメ旅で満喫!~リゾート列車「越乃Shu*Kura」で行く~

首都圏のオトナな旅好きグルメの間で話題を呼んでいる、JR東日本が運行するリゾート列車『越乃 Shu*Kura』。

新潟の地酒と食材をコンセプトにしたリゾート列車が、2015年この秋に料理やお酒をはじめとしたサービス内容を一新して、10月2日から運行いたします。

越乃 Shu*Kuraについては前回の『リゾート列車で行く、2015夏を満喫する旅 ~この夏は魅力たっぷりの新潟へ~』も合わせてご覧ください。

米の酒研究家・山本洋子さん監修によって一新された料理メニュー!

往路・復路で違う料理が楽しめ、「発酵には発酵が合う!」がテーマにあるようにウエルカムドリンクとして原酒造「発泡純米酒あわっしゅ」を合わせて頂けます。

ピリ辛味の「かんずり旨辛麹(うまからこうじ)」や、南蛮海老、するめいか、鯖、海藻など、日本海の幸を盛り込んだ「おつまみごはん」仕立てでご提供します。

また厳選した日本酒とあわせて、吉乃川蔵元の仕込み水「天下甘露泉(てんかかんろせん)」もご提供されます。
※仕込み水とは、酒造りに使われる水のことを言います。

往路の料理

新潟朝焼け・おつまみごはん
上越妙高駅→十日町・越後湯沢・新潟駅
ウエルカムドリンク
原酒造「発泡純米酒あわっしゅ」をグラスにて
特別に選んだ純米吟醸酒
酒米菊水 純米大吟醸をおちょこにて
「新潟朝焼け・おつまみごはん」
  • 南蛮海老・根菜の塩麹炙りかんずり旨辛麹で
  • 栃尾の油揚げ味噌麹焼き
  • 鰊(にしん)甘露煮
  • 錦糸玉子(きんしたまご)の海老しんじょう
  • 万九木綿(まんくもめん)あんかけ
  • 黒崎産ひたし豆
  • 妙高・矢代産コシヒカリの漬物ちらし寿司
越乃Shu*Kura オリジナル大吟醸酒
吉乃川蔵元の仕込み水「天下甘露泉(てんかかんろせん)」

復路の料理

新潟星空・おつまみごはん
十日町・越後湯沢・新潟駅→上越妙高駅
ウエルカムドリンク
原酒造「発泡純米酒あわっしゅ」をグラスにて
特別に選んだ純米吟醸酒
酒米菊水 純米大吟醸をおちょこにて
「新潟星空・おつまみごはん」
  • 佐渡産一夜干しするめいかの天ぷらかんずり旨辛麹で
  • 上越産人参・小松菜・佐渡産あんぽ干柿の白あえ風
  • 新潟産カキノモトもずく酢うどん
  • 妙高・矢代産コシヒカリの海鮮ちらし寿司~紅ずわい蟹、炙りしめ鯖、鮭、烏賊のマリネ仕立て・いくら醤油漬け~
越乃Shu*Kura オリジナル大吟醸酒
吉乃川蔵元の仕込み水「天下甘露泉(てんかかんろせん)」

メニューの詳細はこちら
http://jrniigata.co.jp/koshinoshukura/view/index.html

【監修】米の酒研究家:山本 洋子(やまもと ようこ)氏

山本 洋子日本酒や郷土料理、素食、マクロビオティックをテーマにした料理雑誌の編集長を経て、独立。

身土不二、一物全体を心がける食生活を提案し、「日本の米の価値を最大化するのは上質な純米酒」をモットーに「一日一合純米酒!」を提唱する。地域食ブランドアドバイザー、純米酒&酒肴セミナー講師、ジャーナリストとして全国へ。「感動と勇気を与える地方のお宝さがし」がライフワーク。総務省地域人材ネット登録アドバイザー。朝日カルチャーセンター新宿教室、原宿OnJapanCafe で純米酒講座を開講中。編集した本に『純米酒BOOK』グラフ社刊、『厳選日本酒手帖』『厳選紅茶手帖』世界文化社刊がある。
http://www.yohkoyama.com

ここが変わった「越乃Shu*Kura」車内!

サービスカウンター「蔵守~Kuramori~」

さらに美味しく!味わいの2号車が、バージョンアップしました

2号車にある、サービスカウンター「蔵守~Kuramori~」では、日本酒にこだわる「越乃Shu*Kura」にふさわしい新潟の銘酒の利き酒をお楽しみいただけるほか、山本洋子さんが精選したおつまみも販売します。

<10~11月の利き酒銘柄>

  • 鶴齢 純米吟醸 青木酒造 (南魚沼市)
  • 根知男山 純米吟醸 渡辺酒造店 (糸魚川市)
  • 真野鶴 純米 尾畑酒造 (佐渡市)
  • 北雪 純米 北雪酒造 (佐渡市)
  • 菊水 節五郎 元禄酒 菊水酒造 (新発田市)

<おつまみ>

鮭三兄弟 (鮭トバ、イクラの醤油漬け、トロハラスの酒粕味噌漬け焼き)や炙りしめ鯖など、ついつい杯に伸びる手が止まらなくなる、日本酒好きの心と舌を揺さぶる山本洋子さん推薦の美味しいおつまみをご提供します。

「越乃Shu*Kura」ならではの、見逃せない日替わりイベント満載!

運行日には「音で奏でる秋の調べ」と題して、ジャズやクラシックの生演奏を聴きながらワンランク上のぜいたくな時間をお楽しみいただいたり、新潟を代表する酒蔵のお話を聞きながら地酒を試飲したりといった日替わりでさまざまなイベントを実施します。

詳細なスケジュールはこちら

「越乃Shu*Kura」を利用した日本の秋を体感する十日町周辺観光情報

ShuKura走行写真

秋は新潟がもっとも美しく彩られる季節。10月から11月にかけては、里山歩きには絶好のシーズンです。

とりわけ「越乃Shu*Kura」の終点 十日町駅の南に広がる あてま高原の山々は、例年11月中旬頃から紅葉が始まり、11月下旬頃にピークを迎えます。

松之山温泉

松之山温泉草津温泉、有馬温泉と並んで日本三大薬湯に数えられる松之山温泉は、近くにあるブナの森 美人林で森林浴を楽しむこともできます。
※美人林:樹齢約90 年のブナが一面に生い茂る。紅葉の見ごろは11月上旬。

松之山温泉

切明温泉

遠路をいとわない温泉ファンには、秋山郷最奥にある切明温泉がおススメ。
河原を掘るといたるところから温泉が湧き出る秘湯中の秘湯です。

越後妻有交流館「キナーレ」

越後妻有交流館「キナーレ」十日町駅から徒歩10分、世界的に有名な芸術祭「越後妻有トリエンナーレ」の拠点 越後妻有交流館「キナーレ」には日帰り温泉施設「明石の湯」があります。

越後妻有交流館「キナーレ」

里越後十日町「地そば」まつり

第8回へぎそばの里越後十日町「地そば」まつり
日時:10月31日(土)~11月1日(日)
会場:越後妻有交流館キナーレ
十日町からは10店、小千谷から3店、そばの生産量全国1位の北海道幌加内町から1店、合計14店が出店。

にいがた観光ナビ

越後十日町地酒呑み歩き会

十日町の酒店5店をめぐり歩き、店主おススメの地酒が楽しめます。

信濃川ラフティング

信濃川ラフティング日本一長い川 信濃川を下るラフティングも10月いっぱい楽しめます。紅葉を横目に激流ポイントをクリアし、途中
にある3本の大滝を間近で見ながら、エキサイティングな川下りを体験できます。

信濃川ラフティング

『越乃 Shu*Kura』と『おいこっと』

リゾート列車「越乃 Shu*Kura」や「おいこっと」沿線周辺ではエリア周遊バス・タクシーや定期観光バスなど充実しています。新潟の美味しいお酒や食事をいただきながら祭り・花火・温泉と贅沢な旅行をぜひ楽しんで下さい。

列車愛称 越乃 Shu*Kura
越乃 Shu*Kura
運行線区 えちごトキめき鉄道妙高はねうまライン
上越妙高駅~飯山線 十日町駅間等
車両 キハ40・48形(3両)
定員 70名
運行開始 2014年5月2日
運行予定 金曜日、土休日を中心に運行
特長 地酒王国・新潟が誇る「日本酒」がコンセプト。
新潟県内の銘酒の利き酒や、地元の食材にこだわった
おつまみ、ジャズ等の生演奏など。
列車愛称 おいこっと
おいこっと
運行線区 しなの鉄道北しなの線・飯山線
長野駅~十日町駅間
車両 キハ110系(2両)※1両運転あり
定員 76名(1両の場合38名)
運行開始 2015年4月4日
運行予定 土休日を中心に運行
特長 「日本人のこころのふる里」を巡る旅がコンセプト。
千曲川をのぞむのんびりした車窓と地元の方々による
心温まるおもてなし。
「おばあちゃんの家」のような古民家風のデザインなど。

越乃Shu*Kuraのチケット購入や詳細については下記サイトからお問い合わせ下さい。
http://jrniigata.co.jp/koshinoshukura/

COMMENTS

TOP