日本酒用語

オリ引き(おりびき)

カテゴリー:

一言説明 お酒に含まれるオリを数日間静置し、沈殿させて取り除くこと。

 

酒造りの過程で、絞ったばかりの清酒には微細な固形物(酵母・麹菌菌糸)が浮遊していて白く濁っていますが、タンクの中で数日静置することで固形物が沈殿し、上澄んできます。

一般に、タンク側面の下方に呑穴という取り出し口がふたつあり、 上を上呑、下を下呑と呼んでいます。 上呑から静かに澄み部分を抜き出す操作を滓引きといい、このときに下に残る濁った部分を澱(おり)といいます。

袋吊りの搾りを行い斗瓶に入れた酒は手作業で澱引きされます。

 

 

オリ引きの話題

つぶやきはありません。


Warning: file_get_contents(http://chiebukuro.yahooapis.jp/Chiebukuro/V1/questionSearch?appid=dj0zaiZpPUtkRXZmMFJJYTBaSSZzPWNvbnN1bWVyc2VjcmV0Jng9NGM-&query=%E6%97%A5%E6%9C%AC%E9%85%92+%E3%82%AA%E3%83%AA%E5%BC%95%E3%81%8D&condition=solved&results=4) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.0 404 Not Found in /home/sakezou/sakezou.com/public_html/ja/media/wp-content/themes/sakezou_ja/single-saketerm.php on line 271
TOP